アパレル産業とは何のこと

オシャレさん集合

アパレル産業とは何のこと

洋服を主に取り扱っているブランドなどをアパレルと呼んでいます。
アパレル産業とは、洋服や服飾関係の職業のことですが、女性には憧れの世界でもあります。
近年では洋服だけでなく、靴やバッグ、また帽子や小物といったものも幅広く取り扱っているので、トータルでのコーディネートもその一つのブランドで出来るようになってきました。

昔は洋服はここのブランド、靴は別のブランド、バッグや小物も違うブランドでコーディネートをしていました。
ですが女性は意外と凝り性の人が多いので、一度気に入るとそこのブランドでトータルコーディネートをしたいと思ってしまう人が多いのです。
その為、店舗では自社の製品でコーディネートをしたマネキンを置いていたりします。

若い人の買い方は、そのコーディネートを丸ごとだったり、雑誌に出ているコーディネートを丸ごと真似したものが多いようです。
同じであれば間違いがない、という安心感からだと思います。
アパレル産業も若い女性顧客の気持ちを考えて、人気のモデルを起用して自社製品をアピールし、また若い女性向けのファッションショーなどで発表、販売をしています。
オシャレな人には見逃せないイベントになっているようです。


アパレル業界を支えるいろいろな職種について

一般的にアパレル業界と呼ばれる世界は、ファッション関連に携わる仕事を行います。
職種としてはまず、デザイナーがあります。
これはファッションデザイナーと呼ばれるもので、トップスやボトムス、インナー、小物などさまざまなファッションアイテムのデザインを行う重要な役割を果たしています。
デザイナーがデザインしたものを元にして、布を裁断するためのパターンを作る仕事が、パタンナーと呼ばれる人たちです。
洋服のラインやシルエットがこのパターンによって決まってきます。
こうして出来上がったファッションアイテムを、百貨店やいろいろな店舗へと送り届け、商品の納品や在庫管理をし、得意先とのコミュニケーションを図る仕事が、営業です。
そして各店舗への販売促進やイベント企画を行ったり、商品について構成企画をしたり提案を行う立場が、ファッションコーディネーターと呼ばれる人になります。
店舗においては、店長やマネージャー、そして販売スタッフ等、小売や接客業を行う人たちにより店が成り立っています。
女子学生のアパレル業界への就職希望の多くは、この販売接客スタッフの分野にあたります。
さらにアパレル業界では、工場における職種もあります。
工場においては、生産管理や物流管理といった職種があります。
工場で管理している商品を、店舗へと配送する業務が、物流管理業務になります。
このように多くの大切な作業がスムーズに行われて、素敵なファッションアイテムを目にすることができるのです。

recommend